増田衣里の布仕事


by iriyairi

プロフィールを見る
画像一覧

S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

カテゴリ

全体
about
わたわた
茶綿




着尺
小物
道具
自給
知恵
arizona
大地の恵み
暮らしの中で
催事
工程
guruguru/nejineji
地機

未分類

検索

ファン

記事ランキング

ブログジャンル

アート・デザイン

画像一覧

十六夜と立待月の日に

a0201739_10365892.jpg

a0201739_10403858.jpg


閑静な街並みの一角で、

年に一度、個人宅が解放され、
ギャラリー・カフェとして賑わいます。

六軒の家々を巡りながら、個性豊かな作品と美味しいランチをお楽しみください。

昨年に引き続き、iri textile も
ほっこりはうすにて、お待ちしております。

[PR]
# by iriyairi | 2016-10-05 11:19 | 催事 | Comments(0)

つまみ糸

随分前に、つまみ糸用に下処理していた繭から

ちょっとずつ糸を引いています。


a0201739_10113766.jpg



















サナギを取り出し乾燥させておいた繭を

ぬるま湯につけた状態で、指先でつまみだし

膝で撚りをかけて糸にしています。

道具を必要としない原始的な、ずりだし方法。

一時間にできる糸はごく少量。


a0201739_10474843.jpg



















透き通るような細い糸の集合体の繭には強度があり

スムーズに引きずり出すにはコツがいりまして、、、、

力のあるものには、力を抜くことで引きやすく、

ギュッ、ギュッ、ギューッ と指先に伝わる振動が

やみつきになりそうです。



量産を求めると、こんな原始的な手法から離れがちですが、

こういう時代だからこそ、

忘れないでと聞こえてくるような気がしています。

[PR]
# by iriyairi | 2016-09-12 11:00 | | Comments(0)

綿柎開

どうなることやら

心配していた強い雨が、

夕方には上がってくれて、ホッとしています。


a0201739_2045127.jpg




















雨、風に耐え、

綿柎開 ”わたのはなしべひらく” 日を迎えた、茶綿の田畑さん。

もう少しパンパンに膨れたら、

モコモコの棉が弾けて出てくる。


そんな姿を

まだか、まだかと

待ちわびて。
[PR]
# by iriyairi | 2016-08-24 20:58 | 茶綿 | Comments(0)

丸木美術館

10代の頃に、広島で

20代の頃に、沖縄で


そして、今年は終戦の日を前に

いつか、訪ねてみたかったところへ。

a0201739_15123070.jpg






















人間が人間を傷つけ

破壊することの愚かさを

これからも、持ち続けて暮らしていきたい。
[PR]
# by iriyairi | 2016-08-15 12:00 | 暮らしの中で | Comments(0)

オーガニックコットンの糸玉

雨は、ほとんど降らず

梅雨が明けてしまいました。

ギラギラとした太陽の日差しが

とても辛く感じますが

少しずつ日が短くなっているようで

それを励みに過ごしております。


a0201739_18353884.jpg


















オーガニックコットンの糸玉作りを

ちまちまとしております。

巻き始めは、ゆるくしているつもりでも

ついつい、力を込めすぎて

親指の血の流れが止まりそうになってしまいます。


力ではなく、気持ちを込めて作りたいものですね。
[PR]
# by iriyairi | 2016-08-03 19:00 | guruguru/nejineji | Comments(0)