増田衣里の布仕事


by iriyairi

プロフィールを見る
画像一覧

S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31

カテゴリ

全体
about
わたわた
茶綿




着尺
小物
道具
自給
知恵
arizona
大地の恵み
暮らしの中で
催事
工程
guruguru/nejineji
地機

未分類

検索

ファン

記事ランキング

ブログジャンル

アート・デザイン

画像一覧

<   2014年 07月 ( 5 )   > この月の画像一覧

そら

3週間で、1000人越え。

閉じ込められた人々が、

どういう想いでいるのだろう。


a0201739_20530247.jpg
















終わりを告げる、空であれば、

と、

見上げて、想いを捧げた。






[PR]
by iriyairi | 2014-07-28 21:04 | Comments(0)

ペルー茶綿 #3

大暑の、7月23日、水曜日。

あと半周したら、大寒。。。

そう想いながら、

ペルー茶綿の湯洗いが完了。


a0201739_16334659.jpg











 

organic Peru
Brown cotton



ブラジル茶綿よりも、汚れっぷりが違うのね。

チャイだな。

こんな暑い季節に、熱い鍋の中で、

どうも、ご修行様でした。。。

洗い流して、たっぷりと、夏の空気を取り込んで。

冬、あたたか、、、

な、

ペルー茶綿。。。












[PR]
by iriyairi | 2014-07-23 19:28 | 茶綿 | Comments(0)

lightning sky

a0201739_19230229.jpg















昼下がりの空。


突風が吹いたあと、しばらくはとても静かで、耳をすました。

遠くから、少しずつ近づいてくる、匂いがする。


何層にも織り重なりあう、雲の隙間に、

稲光が走る様子を、見ないわけにはいかない。

自然が表現する光を目で追いながら、

体で感じてみる。

かみなりさま。

かみなりさま。


雨上がりの夕暮れは、

うっすらと紅く染まり、

遠くの山から、

カナカナの鳴き声が聞こえてきた。













何層にも重なり


[PR]
by iriyairi | 2014-07-19 19:56 | Comments(0)

ペルー茶綿 #2

雨が続いて、遠くの山が、

すっぽりと、雲に覆われているが、

今日もまた、

あの場所で、

ネムノキの花が咲いているだろう。



a0201739_19174255.jpg

















紡ぐとツヤが出る、とっても、不思議なペルー茶綿。

さわって。

さわって。

と、言っているよう。



[PR]
by iriyairi | 2014-07-06 20:01 | 茶綿 | Comments(0)

ペルー茶綿 #1

梅雨の晴れ間の、7月1日。

ペルー茶綿で始まりました。


a0201739_20300004.jpg
















もっちり。もちもち。

抜群の弾力なんです。

色は、ブラジル茶綿より、ワントーン明るめ。

さすが、紡績工場へ送られる綿だけあって、

スルスルと紡ぎやすい。

これが長所であり、短所でもあるように思う。

短所に傾けば、紡績風の糸になりがち。

手紡ぎである意味がなくなってしまう。

どんな布に仕上げたいのか、

しっかりと持って紡いでゆきます。





[PR]
by iriyairi | 2014-07-01 20:47 | 茶綿 | Comments(0)