増田衣里の布仕事


by iriyairi

プロフィールを見る
画像一覧

S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31

カテゴリ

全体
about
わたわた
茶綿




着尺
小物
道具
自給
知恵
arizona
大地の恵み
暮らしの中で
催事
工程
guruguru/nejineji
地機

未分類

検索

ファン

記事ランキング

ブログジャンル

アート・デザイン

画像一覧

<   2014年 01月 ( 7 )   > この月の画像一覧

fun pompons

a0201739_17431433.jpg
















隙あらば、猫を飼いたいと思っているヨシダです。

帯用の余り糸で、ポンポンを作りました。


これで、猫がハッ!とするものを作ろうと思います。

お楽しみに。。。
[PR]
by iriyairi | 2014-01-30 17:59 | 小物 | Comments(0)

one day of spinning

モチモチの、紡ぎたて。

を、

いかが?


a0201739_19532785.jpg










back: organic Brazil brown cotton
front:organic Pelu brown cotton

北風が、壁の隙間から容赦なく入ってくる、

ここパソコンデスク。

マウス握る右手が、固まっちゃいます。



ペルー茶綿とブラジル茶綿の紡ぎ糸、
違いを見比べたりしています。


その差は、やっぱり、ツヤ!

光沢があると、表現すると、絹を思い浮かべてしまうので、

あえて、ツヤという言葉を使いますが、

若々しく、張りのある感じの美しさが、ペルー茶綿にあるようです。



この綿だと、どんな肌の人に向くのか、
どんなシーンで、使ってもらえるだろうか、

そんな、イメージしながら、布にしていきましょうかね。
[PR]
by iriyairi | 2014-01-26 20:15 | 茶綿 | Comments(0)

大寒

a0201739_17542010.jpg















雪を、すくい取った木々、

北風が強く吹きあたった幹に、雪の筋。

一晩で、すっぽりと覆われた。

普段ない、静けさに、


す-っと、鼻呼吸してみる。


気持ちいい。



翌日の今日は、火を焚いていても、体の芯から冷えてくる。

大寒だから、

身も心も、融かせてあげて。。。
[PR]
by iriyairi | 2014-01-20 17:58 | 暮らしの中で | Comments(0)

ペルー茶綿 #2

a0201739_2028859.jpg










back: organic Brazil browm cotton
front: organic Peru brown cotton


もう何年も待ちに待った、ペルー産オーガニック茶綿が届きました。

袋を開けた瞬間から、モッチモチの弾力に、ドッキュ=ン!


ペルーの過酷な山岳地帯で育ったからか、

長繊維でありながら、抜群のハリとコシを持っており、

不純物等が、とても少なく、紡ぎ手には歓迎される綿だと思う。


ブラジル茶綿との違いを簡単に言うと、

ブラジル茶綿は、猫の毛のように、しなやかで、

ペルー茶綿は、犬の毛のように、縮れている。



日本の色辞典で比較すると、

ブラジル茶綿は赤みがあり、雀茶色。

ペルー茶綿は黄みを含み、肉桂色。


綿は、生まれ育った地域や風土によって、さまざまな持ち味を見せてくれます。

もう、ますます、面白くなってきた。
[PR]
by iriyairi | 2014-01-17 20:04 | 茶綿 | Comments(0)

a0201739_1926516.jpg












竹筬と、金筬。



少しずつ増やしていった、筬たち。


最初は、金筬をメインに使ってましたが、

やっぱり、竹のしなり具合というのは、、

節糸を織る際に、ほど良い働きかけをしてくれるので、

竹筬でなくてはならないという想いが強くなってきました。


たまに、少々の椿油でお手入れ。

いつの日か、黒光りするのを楽しみにしています。
[PR]
by iriyairi | 2014-01-14 19:59 | 道具 | Comments(0)

亀甲目

a0201739_19295828.jpg
















経糸を通す、ワイヤーヘルドです。

機織りの際は、織密度に合わせて、何百本ものヘルドを使います。

穴の形にも、種類があって、

手前のものは、亀甲目というもの。

数年前に、この亀甲目を作れる職人さんが、日本から消えてしまい、

今では、とても貴重で、大切にしている道具のひとつ。


亀と言えば、、、、

うさぎ、、、、しか思い浮かばないヨシダです。

なぜなら、

たまに、父が乗せてくれるトラクターに、

亀さん、うさぎさん。と、速度モードがあって、

じっくりと進む、亀さんモードが、スキでした。



iri textileは、新しい方向へシフトする為に、

道具類のメンテナンスを開始。

また、亀甲目が復活する事を願って。
[PR]
by iriyairi | 2014-01-13 20:02 | 道具 | Comments(0)

On the Road 2014"

a0201739_16575041.jpg



















日差しの豊かなところで、

たっぷりと、

2週間のwinter vacation を過ごしてきました。


ここ何年も、お正月も休まず踏ん張ってたので、

いつもと違う過ごし方をしたら、

スコンと、抜けた感じがして、

本当に年が明けたの?

という気がします。


ご挨拶が遅れましたが、

今年も、

心膨らむ、豊かな一年になりますように。
[PR]
by iriyairi | 2014-01-08 21:42 | 大地の恵み | Comments(0)