増田衣里の布仕事


by iriyairi

プロフィールを見る
画像一覧

S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31

カテゴリ

全体
about
わたわた
茶綿




着尺
小物
道具
自給
知恵
arizona
大地の恵み
暮らしの中で
催事
工程
guruguru/nejineji
地機

未分類

検索

ファン

記事ランキング

ブログジャンル

アート・デザイン

画像一覧

<   2013年 07月 ( 4 )   > この月の画像一覧

百日紅

通いなれた、峠の手前に、集落の墓地がある。

そこに、1本のサルスベリの木がある。

樹齢はわからないが、おそらくかなり長老だろう。

扇を広げたような、とても立派な姿で、

花は、真っ赤に咲き乱れるのである。


その赤には、亡くなった人々の魂が宿っているように見える。


今日、サルスベリのてっぺんのほうが、咲き始めた。

少しずつ広がって、

真っ赤に咲き乱れる日が楽しみである。


その色は言う。

何があっても、強く、

そして、

生きろ。

と。
[PR]
by iriyairi | 2013-07-27 22:26 | 暮らしの中で | Comments(0)

0725

暑さが、体力を奪っていくのを、感じた一日だった。

1本織りあげ、3本整経した。

大丈夫。まだ脳みそは溶けていない証。

大暑を越え、確実に立秋へと近づいてゆくハズ。



a0201739_19454692.jpg
[PR]
by iriyairi | 2013-07-25 20:06 | 工程 | Comments(0)

one day of weaving

機織りを始める前に、手にした一冊の本。

そこに綴られた、

今は亡き染織家が残した言葉を、ふと思い出す事がある。


長い間、その言葉の意味がわからなかったが、

最近、機に座っていると、

そっと、

近づいて、

耳元に入ってくる。

「苦悩を抱いている人にしか、魂の入った布は織れないのよ」

と。




a0201739_19225410.jpg













one day of weaving
[PR]
by iriyairi | 2013-07-22 20:06 | | Comments(0)

じんき

a0201739_19363241.jpg












organic Brazil brown cotton

綿打ちした綿を、棒状に巻いたもの。

空気を織り込んだ布を作りたい時は、

この段階から、

空気を逃がさないように、

やさしく巻いてゆく。


ふんわりした表情に、

うっとり、してしまう。
[PR]
by iriyairi | 2013-07-18 19:44 | わたわた | Comments(0)