増田衣里の布仕事


by iriyairi

プロフィールを見る
画像一覧

S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30

カテゴリ

全体
about
わたわた
茶綿




着尺
小物
道具
自給
知恵
arizona
大地の恵み
暮らしの中で
催事
工程
guruguru/nejineji
地機

未分類

検索

ファン

記事ランキング

ブログジャンル

アート・デザイン

画像一覧

<   2012年 10月 ( 10 )   > この月の画像一覧

冬じたく

紙袋に入ってた棉の種。 9㎏ありました。

a0201739_22375120.jpg

















これで綿実油を作ってみたいけど、

田んぼに蒔きました。 (ほれほれ、、、、、ピャ~っと栄養。栄養。)
思いっきり種蒔き、楽しかった。。。。。。。ぁ

その後は、トラクターが走り、

種は、大地のフカフカふとんで冬じたくに入りました、


と、

さ。



 
[PR]
by iriyairi | 2012-10-29 22:53 | わたわた | Comments(2)

Friday 26, October 2012


ご注文頂いていたテーブルセンターを納品してきました。


a0201739_19255724.jpga0201739_19254997.jpg



























染料  やしゃぶし・藍
     やまもも、栗皮
      W31×H60


上に置かれる器や、花瓶が映えるように、
あえてシンプルにしてみました。

かつて、あちこちの山間部で織られていた、トラディショナルな縞柄です。
[PR]
by iriyairi | 2012-10-26 19:38 | 小物 | Comments(0)

手紡木綿マフラー

寒くなると、織りたくなるのが、マフラー。

たま~に、織るんですが、すぐに嫁ぎ先が決まるので、

今、手元にあるのは自分用のこれ1本のみ。

a0201739_170428.jpg












染料  栗皮・藍・コブナ草
W35×H160

a0201739_17133765.jpg
















使い込んで約1年。
サンプルと比べると、とても柔らかくなってます。

木綿は肌に優しく、摩擦に強い素材ですので、
使いえば、使うほど、い~い味が出ててくるんです。

a0201739_171531.jpg
















房の部分は、かがりで。
ご希望に応じて、フリンジ(よりより)も可能。

今シーズンは、間にあいそうにないので、
来年の秋を予定に、ぼちぼち、あれこれ、試行錯誤していきます。
[PR]
by iriyairi | 2012-10-24 17:40 | 小物 | Comments(0)

昭和54年8月1日

我が家で一番古い電話帳。

a0201739_19101927.jpg




















手に取って、見てみると、とてもオモシロイんです。
ここら兵庫県北播磨地区は、播州織の生産地。
この電話帳は生産ピークまっただ中に発行されたものになります。

めくってみると、名前の横に職業が書いてあるんですが、大半が繊維関係に関わっていた事がわかります。

・整経    ・織物   ・綿布  ・かせくり   
・糊付    ・製綿   ・糸繰  ・ワインダー
・撚糸    ・織機据付      ・麻織物  ・巻つなぎ


私はというと、実は播州織が苦手でありました。
私が織る布の大半は縞や網代。
あまりにも、播州織が身近すぎて、タータンチェック、ギンガムチェック・格子が、なかなか織れないんです。

時代の流れで、多くの播州織工場が消えてしまいましたが、
この数年で、新しい風が吹いているように感じます。

一衣舎秋展・後半の奈良五風舎には、
まずは、格子にチャレンジする予定ですので、どうぞ、お楽しみに!
[PR]
by iriyairi | 2012-10-21 19:45 | 暮らしの中で | Comments(0)

丹波鹿×白なめし×丹波布

a0201739_19493313.jpg

丹波の姫もみじさんの白なめし。
洗顔クロスを作ったハギレで、何かオモシロイものができますか?とのお誘いを頂きました。

ハイ!

やっと、できました!

「飛びたいポーチ!」

どこが、羽? こりゃ、ただの、取っ手のとれた、、
スプーンやん!!

そういう、感想大歓迎。

キルト芯入りですよ。

これなら、イマドキの女子にもウケルかしら?


a0201739_19511791.jpg








W13×H8.5
*outside
  Tanba-nuno
*Wing
Tanba-deer skin
*inside
  Harf Linen



白なめしには、レザーコート加工をしましたので、
使用による汚れも付きにくく、ご安心いただけます。
[PR]
by iriyairi | 2012-10-16 20:19 | 小物 | Comments(0)

21 July , 2000'




a0201739_23323491.jpg


















Indian reservation -Big Mountain-
[PR]
by iriyairi | 2012-10-11 07:30 | arizona | Comments(0)

モノ入れ

手縫いで、チクチク。

a0201739_17494058.jpg


















キルト芯も入っているので、

a0201739_17494585.jpg









Coin purse
W11.5×H4.5
*outside
  Tanba-nuno
*inside
  Harf Linen




モチっ、としています。。。。。。

小銭入れ、薬入れなどに、いかがでしょうか?

口紅も入りますよ。。。。。。。
[PR]
by iriyairi | 2012-10-10 18:37 | 小物 | Comments(2)

丹波布八寸帯

お太鼓部分は、こんな感じ。

a0201739_20443499.jpg








Japanese sash for women's kimono


for Ichieya exhibition
autumn winter




絹のつまみ糸を織り込んでみました。

前帯部分は経無地で、

後ろ姿は、あら、丹波布なのね。

そんな会話が、街のどこかで聞こえたら。。。。。
[PR]
by iriyairi | 2012-10-05 21:00 | | Comments(0)

Tuesday 4, October 2012

a0201739_22112385.jpg














Japanese sash for women's kimono


for Ichieya exhibition
autumn winter

[PR]
by iriyairi | 2012-10-04 22:21 | | Comments(0)

Monday 1, October 2012

忙しかった9月も終わり、
更に忙しい10月が始まりました。

9月のスケジュールには半日のお休みが4回。
毎日、「寝たい。寝たい。」と自作マントラを唱えておりますが、
今月は、どうなることやら。。。。。。


Iさんに、マイサイズで作ってもらった整経台

組み立てるとこんな感じ。
幅2m、50㎝単位で杭があるので、整経がしやすいです。

a0201739_18484341.jpg
















奥が少し高めになっているので、
腰痛持ちの私には、腰への負担が軽減されました。


a0201739_18485454.jpg





















大切に使えば、一生もん。。。。
道具は使いこなして、なんぼやね。
[PR]
by iriyairi | 2012-10-01 19:19 | 道具 | Comments(0)