増田衣里の布仕事


by iriyairi

プロフィールを見る
画像一覧

S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

カテゴリ

全体
about
わたわた
茶綿




着尺
小物
道具
自給
知恵
arizona
大地の恵み
暮らしの中で
催事
工程
guruguru/nejineji
地機

未分類

検索

ファン

記事ランキング

ブログジャンル

アート・デザイン

画像一覧

<   2012年 03月 ( 6 )   > この月の画像一覧

着尺 その3

a0201739_19515780.jpg

                    自家栽培和綿着尺  網代くずし変り縞



今回の着尺、一衣舎・木村さんから

「他の誰にも真似できないような、完成に近いものができましたね!」

と嬉しいお言葉を頂きました。


丹波布を学び、伝統にとらわれず、新しく出会う人を師とし、
かつ個性的で、表情豊かな布とは?を、追い求めてきました。

一衣舎さんの言葉から、いつの間にか守破離の「離」に、近づいていた、み・た・い・です。


一衣舎さんがブログで紹介して下さいました。

ありがとうございます。

ここで気を緩めず、また長い道のりをがんばっていきます!
[PR]
by iriyairi | 2012-03-31 20:18 | 着尺 | Comments(0)

着尺 その2

a0201739_20271194.jpg




この着尺用の糸を紡ぎ始めたのは、震災前。

それまで原発廃止を陰ながら支持してきた私にとって、
回避できたはずの原発事故に、創作意欲が低下した時期もありました。

着尺の色合いには、ヒバクした土地に命が芽吹くよう、緑を取り入れてみました。

被害意識の高いこの国の人々が、
海外のウラン採掘場では、私たちは加害者として大勢のヒバクシャ生み出している事に、
少しでも目を向けてほしいと願っています。
[PR]
by iriyairi | 2012-03-29 20:34 | 着尺 | Comments(0)

着尺 その1

a0201739_8294954.jpg


















Made from home grown cotton


土づくりからの地道なスタート、長期にわたって、やっと完成した着尺。

土と水と太陽と、

全ては自然のおかげ。



しばらく、着尺リレー方式でアップします。


お楽しみに!
[PR]
by iriyairi | 2012-03-26 22:55 | 着尺 | Comments(0)

半農半織

春の彼岸は、ご先祖さんの相手をしている余裕はなく、

冬野菜の片付け、草引き、じゃがいもを植え、枯れた植物を燃して灰にする。
ひざまづいて、せっせと土仕事。
大変だけど、健康な土がある限り、続けていきたい。

今日、ようやく畑にキリがついたから、
着尺の砧打ちをした。

普通の女子より腕力がある私ですが!
重さ3㎏の砧を一時間近く打ち続けると、砧打ちの職人に男性が多い理由がわかります。

宮古上布の砧打ち

まだまだ砧打ち初心者ですが、
やってみて、わかる事がいっぱい。

心技体のバランスがバラバラ~バラバラ~。

今夜も筋肉痛。
頭ばかりが重くなる。トホホ
[PR]
by iriyairi | 2012-03-22 21:13 | 暮らしの中で | Comments(0)

Dancing Loops!

織り終えた日は、いつも腰痛でそのまま床にスライディング・ダウン。

まだ仕上げ作業が残っているけど、
こんな感じ。



a0201739_20315896.jpg

                       ― Dancing Loops! ―

およそ、13000個のループが踊ってる。
にぎやかに。

天気がいい日に、湯通し、砧打ち。
あと、もうちょっと。
[PR]
by iriyairi | 2012-03-06 20:44 | 着尺 | Comments(0)

Yuta

a0201739_216193.jpg

               In memory of Yuta 1997-2012


ユタが天国へ行って、5日。
コタツの中、ストーブの前、いない。
今までいたのに、いない。 それに全然慣れないから、今も名前を呼んだりしてる。

以外にも、一番落ち込んでいるが私だったりする。

寂しさをバネに、必死のパッチで!!機に座るものの、
ポロッと涙がでると、ポロポロボロボロ、止まらない。

泣いてる人の背後から、いつも猫パンチしてたユタを思い出して、
「いつものパンチやってよね!」って、泣いては怒って・・・・

やっぱり、すんごく寂しい。

それでも、着尺に向けてラストスパート。
走りきった時、ぽっかり心に穴が開くかもしれない。
その時の事は、その時に対処するしかない。
[PR]
by iriyairi | 2012-03-01 21:18 | 暮らしの中で | Comments(0)