増田衣里の布仕事


by iriyairi

プロフィールを見る
画像一覧

S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

カテゴリ

全体
about
わたわた
茶綿




着尺
小物
道具
自給
知恵
arizona
大地の恵み
暮らしの中で
催事
工程
guruguru/nejineji
地機

未分類

検索

ファン

記事ランキング

ブログジャンル

アート・デザイン

画像一覧

カテゴリ:織( 33 )

one more

a0201739_1936835.jpg












one more
traditional


もう、すっかり、日が短くなった。


大根の間引き菜をお漬物に。

手についた、青臭い葉っぱの匂いが、

たまらなくスキ。
[PR]
by iriyairi | 2013-10-03 19:43 | | Comments(0)

one day of weaving

a0201739_17251317.jpg












Design of
old traditional Tanba


日が沈んで、夜になる頃、

東の山から、
あるいは、西の山から、

ヒューン、ヒューン、ヒューン。

鹿が鳴いている。

秋やな~。と感じる瞬間。


今夜は、どこの山から聞こえるのか。

北の山か?

南の山か?
[PR]
by iriyairi | 2013-09-26 17:36 | | Comments(0)

one day of weaving

機織りを始める前に、手にした一冊の本。

そこに綴られた、

今は亡き染織家が残した言葉を、ふと思い出す事がある。


長い間、その言葉の意味がわからなかったが、

最近、機に座っていると、

そっと、

近づいて、

耳元に入ってくる。

「苦悩を抱いている人にしか、魂の入った布は織れないのよ」

と。




a0201739_19225410.jpg













one day of weaving
[PR]
by iriyairi | 2013-07-22 20:06 | | Comments(0)

Friday 28, June 2013

今、織っている布は、

こんなバランス。

いかが?


a0201739_2118148.jpg













one day of weaving
[PR]
by iriyairi | 2013-06-29 21:53 | | Comments(0)

Tuesday 2, April 2013

a0201739_19371650.jpg


















One day of weaving.


雨が降った。

畑のエンドウも、

畦道のヨモギも、

明日になれば、また、ちょっと、背丈が伸びてるはず。
[PR]
by iriyairi | 2013-04-02 19:49 | | Comments(0)

Saturday 30, March 2013

a0201739_1955914.jpg













New day of weaving


ミスなく糸が通ったので、気晴らしにドライブ。

姫踊り子草が、曲に乗って群を広げているのが、なんとも愛らしい。。。

風に揺れる、菜の花畑。。。

何万本もの、ぺんぺん草。。。

マグノリアの、白い並木道。。。


そして、

山ツツジが咲き始めていた景色に、

「ハァ!もう!!」

と、思わず口からこぼれでた。。。


なんだか、一気に春になったよう。

山々と、野の道が、美しい季節。。。。
[PR]
by iriyairi | 2013-03-30 19:34 | | Comments(0)

Thursday 28, March 2013

a0201739_1926862.jpg


















one day of weaving


仕事中は、ラジオも音楽も、いらない。

糸が重なりあう音。。。

足踏みの音。。。

部屋の外の音。。。


いろんな音を楽しみながら、

音に乗って、

進めてゆくだけ。。。
[PR]
by iriyairi | 2013-03-28 19:36 | | Comments(0)

経節木綿 角帯


a0201739_2314197.jpg


















Japanese sash for men's kimono


浦野理一の経節紬に出会ってから、

私も節糸を取り入れるようになった。


ハッキリ言って、理一の布を実際に触れた事はない。

ただ、出会ったという感じがした。


木綿で節糸ができるだろうか。

やってみたくなった。

経節紬のように、木綿では丸くポコポコした表情は出せそうにないが、


やっぱり、布に表情を付ける為には、

糸の工夫は必要不可欠だ。

浦野理一って、どんな表情をしていたのだろうか。


ミステリアスな人ほど、とても惹かれるオンナ心。

知らないけど、知りたい。

そんな感じに。。。。。。。
[PR]
by iriyairi | 2012-09-14 23:35 | | Comments(0)

tradition

a0201739_20114656.jpg
















one day of weaving



縛られず、ちょっとずつでいい。

心を解放すれば、残しておきたいものが、きっと見つかる。
[PR]
by iriyairi | 2012-07-24 20:26 | | Comments(0)

梅雨明け

梅雨明けの、強い日差しが、
断熱材ナシの2階に、燦燦と降り注ぐ。

暑さに負けず、

少しでも涼を感じられる、そんな布を。。。。


a0201739_2015289.jpg
[PR]
by iriyairi | 2012-07-17 20:24 | | Comments(0)