増田衣里の布仕事


by iriyairi

プロフィールを見る
画像一覧

S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31

カテゴリ

全体
about
わたわた
茶綿




着尺
小物
道具
自給
知恵
arizona
大地の恵み
暮らしの中で
催事
工程
guruguru/nejineji
地機

未分類

検索

ファン

記事ランキング

ブログジャンル

アート・デザイン

画像一覧

カテゴリ:織( 33 )

たまご織り

a0201739_200437.jpg
















2週間に一度、平飼いの自然卵を買っている。

卵黄は、明るいクリームイエローで、
卵白は、ぷるんぷるんで、すごい弾力。

箸を使っても、そう簡単に、混ざってくれない。

こんな卵で育ったので、

たまの居候先で、スーパーの卵を割る事があるが、
まさに、カルチャーショック。

なんやねん、このオレンジ色は!

と、恐る恐る混ぜるが、これは全然違う食べ物だと。
いつもの卵が恋しくなる。

住まいをどこかへ移しても、

クリームイエローの自然卵を食卓に。。。

そんな暮らしをしたいと思う。
[PR]
by iriyairi | 2014-04-22 20:08 | | Comments(0)

おかえり ただいま

もうすっかり、グランマが好きだった花が、咲き終わった。

今は、モンキチョウが、ひらひらと舞い、
菜の花が、広がるように、びっしりと咲き乱れている。

個体のもの、密になったものの違いはあるが、

その姿は、エネルギーに満ち溢れている。

a0201739_19563743.jpg
















ピチピチピチピチ、、、、ピチピチピチ、、、、ピチピ!!

屋根で親鳥を待つセキレイの子供たちの声が、

日に日に、大きくなってきましたね。

ただいま。。。。

おかえり。。。。
[PR]
by iriyairi | 2014-04-17 20:14 | | Comments(0)

現代のビンテージボーダー

古い木綿の柄を見ていると、

太くてまっすぐな縦縞が、たくさんあるが、

太く広がる横縞が、少ないという事に気づく。

それは、なぜかと考えてみると、

縦縞に対する美意識が、日本人にあったという事か。。。


a0201739_20324095.jpg

















その美意識をベースにし、横に太く移らせた、

現代のビンテージボーダーを織ってみた。

経緯ともに、藍をふんだんに使い、なんとも贅沢な布に。。。

広げてみると、不規則なボーダーが大胆に、

ゴ~ロゴロ、と、楽しく転がっている。
[PR]
by iriyairi | 2014-03-24 21:12 | | Comments(0)

テスト織り

a0201739_19485187.jpg



















2代目カマチとセットで使いたかったのが、この筬。


ある人から、ある人へ、

そして、私の元へたどり着いたのが、随分前のこと。

去年、もう一度、美しく組み直してもらった。

普通のものより、1ミリ厚く、1㎝高い。

いつもより、ちょっと感覚の違いがあって、それもまた新鮮。



2代目カマチは、筬に合わせ、幅も広く、
1代目よりも、軽量化してくれた。


それでも、やっぱり、かなり違う。

打ち込む度に、振動が子宮へ響く感じがして

機と一体になっている感じがする。

すごく、心地よい。



持ち手の部分はケヤキ材。

使うほどに、ツヤが増すのが、楽しみでしかたがない。
[PR]
by iriyairi | 2014-02-25 20:04 | | Comments(0)

To fall and winter

冷たい風が吹いていても、

冬の太陽が、体を温めてくれる。

空気を含んだ布が、織りあがった。



桜で作ってもらった、筬カマチ。

少しずつ、微妙に、味がでてきて、

ええ感じ。



a0201739_19572296.jpg
[PR]
by iriyairi | 2013-11-29 20:07 | | Comments(0)

The end of autumn

すっぽりと、日が暮れた後、

散歩道で、

突然、サワサワと、滑るような感覚が、足元から伝わった。

懐中電灯をつけると、

そこには、黄色い絨毯が一面に広がっていた。

秋は、もう終わったよ。

そう、告げていた。

a0201739_19293413.jpg















今回は、シャトル1本のみ。

糸が求めてくるもの、

それに従って、

1段、1段、

ゆっくりと、丁寧に織っている。
[PR]
by iriyairi | 2013-11-26 19:44 | | Comments(0)

essence of weaving

a0201739_19444318.jpg














 essence    
- 本質 -
- 真髄 -


普通に効率重視で織っていてばかりでは、

本質に辿りつく事はできない。


経糸に浮き上がってきてみえる節。

これが、

素材から抽出されたessence というもの。
[PR]
by iriyairi | 2013-11-23 20:01 | | Comments(0)

movie

a0201739_1735467.jpg
















織り上がる前に、、、、

2本の動画を作ってみました。


movie#1

一度も織る事もなく、蔵で眠っていた母の織り機を、
Iさんに、いろいろなワガママをお願いして、カスタマイズしてもらいました。
世界で、たった1台の織り機。。。。



movie#2

これは、おまけ。
[PR]
by iriyairi | 2013-10-28 17:18 | | Comments(0)

経糸

a0201739_193239.jpg

















kasuri,やないんよ。

ただ、色の違う糸を交互に経てただけ。
[PR]
by iriyairi | 2013-10-17 19:37 | | Comments(0)

one for Table

a0201739_17544224.jpg













new day of weaving


次から次へと。
[PR]
by iriyairi | 2013-10-16 17:55 | | Comments(0)