増田衣里の布仕事


by iriyairi

プロフィールを見る
画像一覧

S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31

カテゴリ

全体
about
わたわた
茶綿




着尺
小物
道具
自給
知恵
arizona
大地の恵み
暮らしの中で
催事
工程
guruguru/nejineji
地機

未分類

検索

ファン

記事ランキング

ブログジャンル

アート・デザイン

画像一覧

カテゴリ:未分類( 31 )

藍神さま

新しい年が巡りきたことに、感謝しています。

ドアを開ける手前から、

藍の匂いが、プ~ンプ~ン。

あるな。

いるな。

いらっしゃいました。


a0201739_20104198.jpg



















そっと覗くと、ぷくぷく、ぷくぷく。

そばにいるだけで、ほんのり温かく、

心地よいところで生きていました。


新年の高崎市染料植物園にて。

本年も、どうぞよろしくお願いします。
[PR]
by iriyairi | 2016-01-08 20:30 | Comments(0)

綿柎開

今年は、あまり雨も降らず、

日光を燦燦と浴びて、健康的な和綿。

綿柎開から一日過ぎました。

棉の柎は開くどころか、

まだまだ、豊かな膨らみを持たず未熟な状態。


a0201739_20255880.jpg
[PR]
by iriyairi | 2015-08-24 20:34 | Comments(0)

結城へ  つむぎの館

街のシンボルツリーは 「 桑の木 」 

そんな、ステキな結城市へ。

車を走らせ小一時間。


a0201739_20452246.jpg















結城紬製造問屋が運営する、つむぎの館へ。

真綿手紡糸100% + 地機で織られた本場結城紬から、

真綿手紡糸100% + 高機で織られたもの、 

半動力真綿糸 + 高機で織ったもの、

時代に合わせて、前向きに伝え続ける結城紬が、

ずら~っと陳列され、すべての反物に直接触れることができるのが、スバラシイ。



結城仕様の地機には、

弧を描いたような、杼入れ箱とご対面。

刀杼を置くために設計された美しいフォルムに、

大興奮。。。


次回はじっくり、時間をかけて、

訪ねたい。

そんな想い惹かれる、結城紬。。。
[PR]
by iriyairi | 2015-08-21 20:16 | Comments(0)

エジプト綿

何も考えたくない時は、

もくもくと、糸を紡ぐべし。


a0201739_17071322.jpg

















身をくねらせて、

はいポーズ。。。。


繊維が細く、長めの、エジプト綿。

タンザニア綿に近い繊維質ですが、

綿殻が多く、タンザニア綿と比較すると下になる。

こういう場合は、

手間を惜しまず、ほどほどに綿殻を取り除いてあげましょう。

これが、プロの見せ所ですかね。。。。



カセにしたところ、

フワッフワッ、フワッフワで、

しなやかな糸に仕上がって、

肩は、パンパン。






[PR]
by iriyairi | 2015-01-27 21:03 | Comments(0)

繭むき

近所の日当たりの良いトコロに、

昨日から金ダライが、4つ並んでいる。

同じサイズの金ダライが、乱れなく一列に並ぶ姿は、

完璧だ。

誰もいなければ、1時間くらい眺めていたい。


a0201739_16345540.jpg
















これは、繭を煮ているところ。

浮き上がろうとする繭に、

落としブタが耐えられず、抑え箸で参戦。

半透明になったところで、繭むきへ。

中の虫を取り出す際に、

繭が、ギュッギュッと鳴る音に、

耳を傾けるのが、心地良い。

















[PR]
by iriyairi | 2014-12-22 18:00 | Comments(0)

ふわふわ さらさら

冬の初めと、年の終わりに、

改めて、素材の見直しを。。。


・・・ 手紡ぎだから、ふっくらして、やわらかい。・・・

そんなフレーズを、理解できないヨシダです。


ふっくら、

しなやか、

ふわふわ、

さらさら、、、


それぞれの言葉が、お似合いの綿が世界中にあったりしますが、


短い時間で沢山の糸を作ろうとすると、

素材の特徴が失われ、固い糸になってしまう。。。。


なので、やわらかい糸を紡ぐ時は、

量も時間も気にせず、ぼちぼちやるんです。。。


a0201739_19255305.jpg















時間たっぷり、

贅沢なタンザニア・オーガニックの糸が、できました。

お似合いなのは、

ふわふわ

さらさら

綿とは思えない、肌触り。。。


[PR]
by iriyairi | 2014-11-24 20:03 | Comments(0)

紫根の収穫

秋に色づき、あっと言う間に、

木の葉が落ちてゆくように、、、

一息付く間もなく、キビキビと動き、

夜になると、撃沈しております。


a0201739_19303175.jpg

















ワケあって、プランターで栽培していた紫根を収穫。

3年モノ、2年モノ、可愛そうに1年モノまで、

お片付け。

手袋が、ほんのり赤く染まっているのは、

さっきまで、生きていたのよ。

そういう、証。







[PR]
by iriyairi | 2014-11-19 19:41 | Comments(0)

2+4=6

開けっ放しの、窓の外から、

冷たい風が入り込んでくる。


秋の空は、変わりやすく、

雲が去った青い空からは、

とても軽い雨が降っていた。

君はどこから生まれてきたのか、

人間の問いかけには、いつも応じないのが、

自然というもの。。。



a0201739_20403049.jpg

















オトコゴノミに仕上げる為に、

6丁の杼を操る練習。

今のうちに、慣れておけば、

そのうち、

あんな布、こんな布も織れるはず。












[PR]
by iriyairi | 2014-11-03 20:58 | Comments(0)

early autumn

一雨毎に、

山は遠ざかり、

とても、静かに、

秋が、近づいている。


a0201739_20460357.jpg
[PR]
by iriyairi | 2014-10-23 20:51 | Comments(0)

Red Spider Lily

いつの日か、

ここで咲く、赤いヒガンバナを見たい。

そう、想っていた。



a0201739_21434917.jpg
















何も語らなくても、いい。


目の前で、

咲いてくれて、


ありがとう。









[PR]
by iriyairi | 2014-09-28 22:01 | Comments(0)