増田衣里の布仕事


by iriyairi

プロフィールを見る
画像一覧

S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31

カテゴリ

全体
about
わたわた
茶綿




着尺
小物
道具
自給
知恵
arizona
大地の恵み
暮らしの中で
催事
工程
guruguru/nejineji
地機

未分類

検索

ファン

記事ランキング

ブログジャンル

アート・デザイン

画像一覧

引き続き仕上げ

雨はほとんど降らず、梅雨が明けた途端

曇り空が広がっている。

気温は25度。

冷たい風が吹き込み

久しぶりに空気がおいしい。

こんな日は、机の向きを変えて

脚を伸ばして仕上げがいい。

a0201739_1037299.jpg
[PR]
# by iriyairi | 2017-07-26 10:00 | 工程 | Comments(0)

仕上げ

糸が正しく織り込まれているか、

仕上げの工程に入ったある日の朝。

机の上に広げてやっていると、首が痛く

集中力が欠けるので、

乗せてダメなら、立ててやろう。

簡易の仕上げ台が完成。

集中力が上がります。


a0201739_953073.jpg




















後ろを振り返ると、
 
坊ちゃんが、

遊んでくれと、待機中。


a0201739_10127100.jpg

[PR]
# by iriyairi | 2017-07-17 08:00 | 工程 | Comments(0)

あおぞらクラフトいち Spring in 水戸

a0201739_17271391.jpg






























そろそろ連休の予定は決まりましたでしょうか。

4月29日(祝日)は「あおぞらクラフトいち Spring in 水戸」に出店します。

iri textileは、一年を通して使えるバッグや小物などを販売します。

新緑が美しい春の日に、

みなさまのご来店をお待ちしております。




開催日時/2017年4月29日(土)・30日(日)10:00~17:00

開催場所/水戸芸術館広場

あおぞらクラフトいち




iri textile
[PR]
# by iriyairi | 2017-04-23 12:12 | 催事 | Comments(0)

板に水

多くの道具が無垢材でできているため

どうしても、手入れが必要になってくる。

ちきり巻の板が限界まで反ってきたので

大工さんのもとへ。 


a0201739_20562679.jpg



















「 木には表と裏があってな、まずは直るか試しにやってみっか」

と、やや大胆にも

木の表側を水で濡らし、ひっくり返して重い丸鋸をド-ンッ!と乗せること数時間。


すごい、水だけで反りが戻った。

いろいろと微調整をしてもらい

床にピタッと沿う板へと生まれ変わり。



使い込んで短くなったノミを取り出した

大工さんの表情は印象深く

ちきり巻をするたびに、思い出しそうだ。



iri textile
[PR]
# by iriyairi | 2017-04-08 11:00 | 道具 | Comments(0)

お皿の活用方法

細い枝から小さな葉っぱや、

いろいろな花が咲きだして、

見ているだけで、とても嬉しい。



以前から、木枠に巻いた経糸を引き出す際、

糸が擦れて引っかかったりするのが気になっていた。

特殊な糸の場合、引っかかってプチンと切れたりするので、

このやり方を試してみた。


a0201739_10553899.jpg





























大・中・小のお皿を用意してみたが、

手前の中くらいが丁度いいらしい。

円に沿って動く糸の様子を見とれてしまうほど

ストレスなく糸を引き出すことができた。


台所にあったお皿は、

作業部屋に置いておくことになりそうだ。




iri textile
[PR]
# by iriyairi | 2017-03-30 09:00 | 知恵 | Comments(0)